読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書と勉強に役立つブログ

これまでに読んだ本、これから読もうとしている本、勉強方法などについて書いていきます。

高校生が感動した微分・積分の授業(PHP新書) 山本 俊郎

社会人になってから高校時代に勉強した数学のことが気になるひとは、はたしてどれくらいいるのだろうか。

 

わたしは高校時代、数学がまったくできなかったというわけではないが、そうかといって得意科目というわけでもなかった。そして、心のどこかで、高校時代に勉強した数学をやりなおせるといいな、と思いつづけてきた。

 

数学が得意だったり、まったく不得意だったひとは、おそらくそんな気持ちにはならないかと思う。

 

書店にいったときなどは高校数学の参考書がならんでいる棚をたまにのぞき、そのうちのいくつかを買って読んでみたりしたのだが、どうも頭に入ってこない。

 

大学受験用の参考書というのは、わりとすぐに演習問題に入ってしまうので、基本的な考え方や記号の意味・使い方というのはあっさり終えてしまう傾向にある。そんなことは学校で教えることなので、受験用の参考書ではフォローする必要がないということなのだろうが、わたしのように、すでに学校を卒業した人間にとっては困るのである。

 

そうして、出会ったのが本書である。

 

なるほど。分かりやすい。

 

著者は代々木ゼミナールの数学科講師で、自らの塾も経営されている方らしい。

 

微分積分という分野について、一から丁寧に記述してあり、「どうしてそういうことになるのか」という疑問をもつことなく、一通り読み通すことができた。

 

もちろん、数学という分野の特性上、読むだけでは済まず、一つ一つの式を書いて、意味を確認しながら追っていった。

 

現役の高校生が読んでも得るところはあると思うが、わたしのように高校数学から離れて久しいような人間が学び直すのによいのではないだろうか。

 

ちなみに、同じような趣旨・性質の本として、永野裕之という方が書いた本がある。

ふたたびの微分・積分

 

この本を購入したのは、すでに『高校生が感動した~』を読み終えたあとだったので、それほど得るところはないように感じた。これは読んだ順番の問題であって、この『ふたたびの微分積分』の出来が悪いという意味ではない。

 

高校時代、微分積分を学んだことがあって、「いったい、あれは何だったのだろう」ということが気になって学び直される方は、どちらの本を読んでもいいかと思う。