読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書と勉強に役立つブログ

これまでに読んだ本、これから読もうとしている本、勉強方法などについて書いていきます。

中国史(上・下) (岩波文庫) 宮崎 市定

人文科学 歴史

国史碩学による中国の古代から近現代までの通史です。

 

けっして読みやすい本ではありません。わたしもいろいろと本を読んできましたが、一般的に岩波文庫の青を読もうと思ったら、一、二ヶ月くらいかかるものと考えたほうがいいと思います。

 

時間がたくさんある学生は別として、社会人として仕事をされている方であれば読み通すのに時間がかかるのが普通かと。

 

ものにもよりますが、ちくま学芸文庫講談社学術文庫なんかもそうです。

 

よく大学の先生や読書家、知識人とよばれる人たちが、あれも読みなさい、これも読みなさい、これもオススメですということを言いますが、普通のひとがそれを鵜呑みにしてたくさん読もうとしても、まず無理だと思います。

 

彼らはプロフェッショナルであり、持っている知識量や文章を読むスキルが高いのです。どのような分野であれ、それを生業としている人間と同じレベルに到達するのは簡単なことではありません。

 

さて、それではおよそ二ヶ月かけてこの本を読み通した所感を。

 

わたしは歴史好きというわけではなく、この本を読み始める段階で中国の歴史に関する知識はほとんどありませんでした。一回目に読んだときは、登場する人物の名前や出てくる地域名に慣れるのが精いっぱい。とりあえず、内容はよく分からないけど、なんとか読み通せた。それが最初に読んだ感想です。

 

二回目に読んで、ようやく文章と文章がつながりはじめ、自分がいま読んでいる文章がどの時代の何について書かれているのか、ということがうすぼんやり分かるようになりました。

 

国史についてあまり詳しくない方は別の本を読んだほうがいいかもしれません。逆に少し歴史に詳しい方であれば、こういった本は喜びをもたらしてくれると思います。

 

興味をもたれた方は、上巻の冒頭に要約がのっていますので、まずはそれだけでもご覧になってはいかかでしょうか。著者の中国史に対する考え方も書かれていますし、分量もそれほど多くありません。この冒頭の要約を面白く読める方は購入されて、そのまま読み進めるといいかと思います。

 

また、わたしはざっと読んだ程度ですが、宮崎市定にはアジア史概説 (中公文庫)古代大和朝廷 (ちくま学芸文庫)といった著書もあります。

 

これらも名著の予感。そのうち腰をすえてじっくりと読みたいです。