読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書と勉強に役立つブログ

これまでに読んだ本、これから読もうとしている本、勉強方法などについて書いていきます。

Genesis セバスチャン・サルガド 

芸術・文学

優れた作品というものは、それがどのようなジャンルに属するものであれ、一目みただけで分かる。

 

そして、ほんとうに優れたものに出会うことができることはきわめて稀だ。

 

写真家セバスチャン・サルガドの作品をはじめてみたときは、衝撃だった。それは難民をテーマにした写真集のなかにおさめられている一枚だった。

 

サルガドは、難民をテーマにした写真をとりつづけるなかで、救済など信じることができない、この世の地獄を目にしたそうだ。

 

驚くべきことに、サルガドの精神はそのようなものを目の当たりにしたあとでも、人間としての高潔さを保っていた。偉大な芸術家の精神は、しなかやで強靭なのだ。

 

この『Genesis』という写真集は、それまで人間を撮り続けていたサルガドが、自然や動物にカメラを向けたもので、地球賛歌といっていい内容になっている。

 

ヴィム・ヴェンダースがつくったセバスチャン・サルガドのドキュメンタリー映画がある。邦題だと『地球へのラブレター』となっている。

 

人間に絶望しかかったサルガドは、人間をささえている地球に希望を見出したようだ。

 

ボクもはやく都市を離れて、自然の偉大さにふれてみたい。